2017年は「仮想通貨(暗号通貨・暗号資産)元年」とささやかれていたほどに、仮想通貨の認知度が急速に高まり、ブームが起こりました。

そして、中古マシンを活用したマイニングも一躍ブームとなりましたが、現在、再び密かに仮想通貨が注目されていることをご存知でしょうか。

今回は、中古マシンに焦点をあてながら、仮想通貨とマイニングについて見ていきましょう。

仮想通貨はどうやって手に入れる?3つの入手方法

まず、仮想通貨を手に入れるにはどうすればいいのでしょうか。

入手方法には3種類あります。順番に見ていきましょう。

買う

 まずは、仮想通貨取引所に口座を開設して購入する方法があります。例えるならば、証券口座を開設して株を購入する、というイメージです。

一番簡単で、かつ、一般的な方法です。

なお、購入できる仮想通貨(コイン)や販売手数料は、取引所によって異なるため、比較検討することをおすすめします。

もらう

次に、あまり一般的ではありませんが「もらう」という方法があります。

仮想通貨を持っている友人に対して「○万円で譲ってほしい」と、交渉することも不可能ではありません。

ただし、お金のトラブルになりやすいので、現実的とは言えません。

また、別の観点から考察すると、例えば「○○すると、ビットコイン(仮想通貨)をブレゼント!」とキャンペーンを行なっていて仮想通貨を入手できた場合も「②もらう」に該当すると言えるでしょう。

マイニングをする

最後に、仮想通貨を購入せずとも入手できる方法が「マイニング」です。ここでは、マイニングについて詳しく見ていきましょう。

マイニングについて、簡単に説明しておきます。

【マイニングのしくみ】

仮想通貨の取引は、政府や企業のように、頂点に立って一元管理している管理者が存在しません。

そのため、全員が対等の立場で、ブロックチェーンと呼ばれる共有の台帳上で取引記録の検証を行います。

一番最初に検証に成功した人が、報酬として仮想通貨を受け取れる、というのがマイニングのしくみです。

中古マシンでマイニングする際の留意点とは!?

マイニングは、自分のパソコンなどを利用して行うことも可能です。

ただし、市販のパソコンではなく、マイニング専用に改造したマシンを使う方が、効率的にマイニングができます。

個人でマイニングする場合、最新のマイニングマシンは高額となるため、オークションサイトなどで中古マシンを購入することが多いようです。

しかし、先述の通り、マイニング報酬を受け取れるのは「一番最初に」検証に成功した「1人」だけです。ですので、もし中古マシンの購入を検討している場合は、

・型落ちの中古マシンが、最新のマシンより早くマイニングできる可能性はどのくらいあるのか?

・そもそも、一個人である自分が、莫大な資金を投資して最新のマシンでマイニングを行なっている企業や団体に勝てる可能性はあるのか?

など、充分検討することをおすすめします。

マイニング業界での中古マシンの活用

先ほど少しふれたように、マイニングの方法は、個人で行う以外にも、企業や団体などの集団で行う方法があります。

マイニングの難易度が上昇傾向な影響もあり、現在マイニングは、個人よりも企業で行う方が一般的と言えるでしょう。

マイニング企業は、主に2通りに分けることができます。

⑴高額だが、最新のマシンを仕入れて、マイニング効率をあげている企業

⑵中古マシンを格安で仕入れる代わりに、マシンの台数を増やすことでマイニング効率をあげている企業

⑴の高額な最新のマシンを購入できる企業は、資金力のある大手企業です。実際には、⑵の大手企業から中古マシンを格安で仕入れてマイニングを行なっている企業が多数存在します。

また、私たち個人が、これらの企業が行うマイニングに共同参画できたり、企業に出資するという方法でマイニングに参画できたりもします。

気になる方は「プールマイニング」「クラウドマイニング」という単語で、さらに詳しく調べてみてください。

まとめ

仮想通貨市場は、かつては、安い時に買って高い時に売って利益を得る方法が主流でした。しかし、現在は、マイニングによって利益を得ようとする流れに移行しています。

また、現在、投機投資家のほか、多くの機関投資家が、仮想通貨に関心を寄せていることも事実です。特に、「仮想通貨を扱う投資信託」が登場し、上場されるかどうか注目を集めています。

仮想通貨は資産としての歴史が浅いため、証券取引所が上場承認に対して慎重になる姿勢も当然といえます。しかし、上場が申請されていること自体が、仮想通貨が資産価値を持ちはじめている証明といえるのではないでしょうか。

仮想通貨の知識を深めるタイミングは、今からでも決して遅すぎることはないでしょう。

おすすめの記事