仮想通貨投資の盛り上がりと共に、マイニングという言葉が聞かれるようになりました。マイニングとは一体何なのでしょうか?この記事では、マイニングの基礎知識を仮想通貨に詳しくない全くの初心者の方にもわかりやすく解説しています。この記事を読むことで、マイニングについて十分に知識が得られます。

マイニングとは?

 マイニングとは、仮想通貨の取引データを追記する作業のことで、その報酬として仮想通貨を受け取ることができます。受け取る仮想通貨は、取引作業を行った通貨で支払われます。

例えば仮想通貨で有名なビットコインを例にすると、ビットコインの取引データの追記作業を行うことで、その対価としてマイニングを行った人にビットコインが支払われます。マイニングは英語で採掘を意味しますが、上記の作業のことをマイニングと呼んでいます。

仮想通貨とマイニングは何が違うの?

 仮想通貨の話題になると、よく出てくる言葉がマイニングだと思います。仮想通貨とマイニングって、似たようなものだと考えている人もいるのではないでしょうか?それでは一体、両者の違いは何なのでしょうか? 

仮想通貨は株式投資に似ている

 仮想通貨で利益を得る場合は、これからコインの価値が上昇すると予想した仮想通貨に投資を行うスタイルとなります。そして予想通りにその通貨の価値が上がった時に売ることで、その差益が利益となります。仮想通貨投資は、株式投資に似ています。

マイニングは労働とその対価

 しかしマイニングの場合は、投資ではなく作業になります。データの追記を行う作業を行い、その対価として仮想通貨を受け取る成果報酬です。作業を行えば報酬が得られ、やらなければ報酬を得られないという労働と同じようなものになります。

なぜ仮想通貨が支払われるの?

 マイニングは、ブロックチェーンの技術に貢献しています。ビットコイン含め、仮想通貨は世界中で取引が行われています。その取引が正しく行われたかを検証し、正しく取引が記録されたかを検証する作業がマイニングです。

 仮想通貨には銀行や国のようにそのお金を管理する機関がないため、取引が正しく行われたかを承認してくれる機関がありません。そこで代わりにマイナー(マイニングをする人)達が、その作業を行っているのです。しかしその作業が無報酬では、誰もマイニングを行いません。そのため取引作業の承認を行うことで、その対価としてその仮想通貨を受け取ることができるようになっています。

ブロックチェーンとは

 そもそもブロックチェーンって何?そういう方のためにわかりやすく解説します。

 仮想通貨にはそれぞれ、ブロック(台帳)というものが存在します。例えばビットコインであれば、ビットコインが誕生してから現在までの取引が全て記録されたブロック(台帳)があります。

 新たに取引が行われた場合、新しくブロック(台帳)が作られてそこに取引が追記されます。その一定期間の取引がブロック(台帳)と呼ばれ、それらが1つ1つつながっている状態をブロックチェーンと呼びます。

マイニングの具体的な作業とは?

 こちらの説明はマイニング作業の専門的な説明になるため、簡単に理解したい人はざっと読み進めていただいて構いません。

マイニング作業では、3つのデータを用いて検証が行われます。

1つ目が、取引記録が行われたブロック内のデータ
2つ目が、1つ前のブロックのハッシュ値
3つ目が、ノンス値と呼ばれるデータ

仮想通貨は様々なところでハッシュ値を使用し、暗号化して第三者に情報が分からないようになっています。

ハッシュ値とは?

入力した値に対して、全く異なる値が出力される暗号方式です。

マイニング作業では、ゼロが並ぶハッシュ値を見つけるために、何度も様々な数値を入力して計算を行います。そして最初にゼロがたくさん並ぶ数値を見つけ出すことができたら、検証したブロックの取引が正しいことを承認することができます。

マイニングは誰でもできるの?

 基本的にマイニングは、誰でも参加することができます。しかしマイニングをするためには、膨大なデータを処理できるコンピューターが必要となります。性能の高いコンピューターはその分高額になり、稼働させるために電気も消費します。得られる報酬だけではなく、そう言ったコストも含めた上でマイニングを行うかを決断することが重要になります。

おすすめの記事