仮想通貨を手に入れる方法の一つとして、仮想通貨マイニングがあります。仮想通貨というと、怪しいイメージをお持ちの方もいらっしゃると思います。マイニングをすることで、利益が得られるのでしょうか?この記事では、仮想通貨のマイニングとはどういうものなのか、なぜ利益を得ることができるのかについて解説しています。

仮想通貨マイニングとは?

仮想通貨マイニングとは、仮想通貨の取引データの追記作業行うことで、その報酬として仮想通貨を受け取ることができます。受け取る仮想通貨の種類は、作業を行った通貨で支払われます。

なぜマイニングが必要なのか?

 なぜマイニングが存在し、仮想通貨で報酬を受け取ることができるかを説明する前に、ブロックチェーンについて理解しておきましょう。

ブロックチェーンとは?

 仮想通貨が生まれてからこれまでの取引は、全てブロック(帳簿)に記録されています。ある一定期間の取引の記録を、ブロック(帳簿)と呼びます。そしてそれらのブロックが繋がっている状態を、ブロックチェーンと呼んでいます。

暗号化されているからマイニングが必要

 仮想通貨の取引では、一定期間の取引を記録する際に暗号化した数値を使用しています。第三者に情報を知られないように、暗号化することが必要だからです。ただしこの暗号化した数値は、ハッシュ関数を使って膨大な数値を入力して正解を探し出さなければなりません。その取引の検証作業が、採掘のマイニングに似ているために暗号通貨マイニングと呼ばれるようになりました。

なぜマイニングで利益が得られるのか?

 一言で言えば、ブロックチェーンの取引に貢献しているからです。仮想通貨の取引ではブロックチェーンが使われています。そのブロック(台帳)に、「誰が」「いつ」「どのくらいの量の仮想通貨を取引したのか」と言う情報が記録されます。その記録は暗号化されているため、膨大な計算処理を行って正解を導き出すことが必要であることを説明しました。

暗号通貨には管理する機関がない

 通常のお金の取引では、銀行が取引の記録を台帳に記入しています。しかしビットコインなどの暗号通貨の世界では、とり仕切る機関が存在しません。そのために、取引の記録を承認(マイニング)してくれる第三者の存在が必要となります。

ビットコインは管理機関が必要ない

 例えばビットコインを例にすると、ビットコインの取引にはマイニングを行う参加者が行います。そしてブロック(台帳)は誰でも使用でき、不特定多数の人がマイニングの結果が間違っていないことを確認することができます。

そのために管理する機関が存在しなくても、ビットコインの流通や取引が成立しているのです。多くの人たちが関わることにより、ビットコインのシステムは成り立っています。

なぜ無法地帯にならないのか?

 ビットコインなどはなぜデータが改ざんされたり、無法地帯にならないのか?といった疑問を持つ人がいそうですね。ブロックチェーンで使われている技術が、データの改ざんを防いでいます。

ブロックチェーンで使われている暗号化は、「一方向ハッシュ関数」です。この関数の特徴は2つあります。

1、ハッシュ値の解読が複雑

ハッシュ関数により、ハッシュ値というものが生み出されます。0になるハッシュ値を導き出すために様々なデータを入力するのですが、1文字でも異なると全く違う値になります。

2、二度と元に戻せない

ハッシュ値が改ざんできない理由として、一度でもハッシュ化されたデータは元通りにすることができません。

 以上の理由から、データの改ざんができない仕組みとなっています。さらにマイニングの作業には膨大な計算処理が必要なため、改ざんを行うよりもきちんとマイニング処理を行う方が利益になります。

無報酬では機能しない

 取引の承認作業を行う際に、無報酬では誰もマイニングを行いません。そうなると、仮想通貨の取引が成り立たなくなってしまいます。仮想通貨の取引を成立させるために、マイニングを行うことで仮想通貨という報酬をもらえるようにしているのです。

マイニングは誰でも参加できる?

 暗号通貨は誰でも利用でき、ブロックもインターネットさえ繋がっていれば誰でも使うことができます。そのためマイニングも、誰でも参加することができます。

 しかし前述した通りマイニングの作業には、ハッシュ関数を使った膨大な計算処理が必要となります。そのため、その計算処理を短時間で行ってくれるコンピューター、または最近ではマイニング専用のマシンも販売されています。マイニングを行うためには、専用のマシンやコンピューターが不可欠となります。

マイニングは参加すれば稼げるわけではない

 マイニングをすることで、暗号通貨を得られる可能性があります。しかしマイニングは参加したからといって、全員が報酬を得られるわけではありません。マイニングの世界には、マイニングで報酬を得ることを目的としている人や企業も世界中に存在します。そういったマイニングに参加する多くの人たちとの競争に勝たなければ、利益は得られません。マイニングの作業を誰よりも早く終えることができた者だけが、全ての報酬を得ることができるのです。

マイニングは個人では稼げない?

 マイニングは多くの参加者との競争ですが、やり方によっては個人でも稼ぐことができます。そのためには、演算能力の高いコンピューターやマシンを購入する必要があります。または個人だけで競争せずに、大人数で協力してマイニングを行う方法もあります。またはマイニングの事業者に投資を行い、その利益配分を得る方法もあります。マイニングの具体的な方法ややり方については、次の記事でさらに詳しく解説します。

おすすめの記事