マイニングに興味がある場合、一度は耳にする言葉がマイニングプールだと思います。マイニンブプールは、マイニングをするための手法の一つにあたります。この記事を読むことで、マイニングの種類と、マイニングプールの特徴について理解できます。

マイニングの種類とプールマイニング

マイニングのやり方は、主に以下の3種類あります。それぞれのメリットとデメリットについてもまとめています。

ソロマイニング

個人でパソコンやマシンを準備して、一人でマイニングを行う方法。マイニングに成功した場合、最も大きな報酬額を得ることができる。ただし現在はマイニングの競争が激化しているため、個人でマイニングするのは厳しい環境にある。またPCやマシンに対して、ある程度の知識が必要。

プールマイニング

マイニングの参加者が、グループになって協力してマイニングを行う方法。計算力が大きくなるため、マイニング報酬を得る確率がソロマイニングよりも高まる。ただし報酬額はグループの参加者で分配するため、ソロマイニングよりも小さい。提供したマシンの計算力によっても、報酬金額に違いが出る。ソロマイニング同様に初期投資が必要で、自分でマシンなどの機材を準備しなければならない。またグループに参加するための手数料も必要となる。

クラウドマイニング

マイニングを行う企業にお金を投資して、投資金額に応じてマイニング報酬を得る方法。自分で機材を準備したり、PCやマシンへの知識がなくてもマイニングをすることができる。ただしソロマイニングやプールマイニングを行う場合より、初期費用がかかる場合が多い。マイニングを行う企業の倒産や詐欺にあう可能性もあるため、投資する前に企業の事業内容や契約内容をしっかりと調べて理解しておく必要がある。

マイニングプールの仕組み

マイニングプールとはどのような種類のマイニングかを理解した後は、マイニングプールでどうやって利益が出るのか?その仕組みについて見ていきましょう。

マイニングプールは、インターネット上のサーバーにあたります。マイニングを行っているマシン同様、マイニングプールもマイニング取引の追記と承認作業をしています。マイニングプールは新しく作業が必要な取引を発見し、サーバーに接続している全てのマイニング参加者に知らせます。参加者はその知らせを受けて、発見した取引に対して計算処理を行います。

マイニングプールの参加者は、依頼された1つの取引に対して計算処理を行います。参加者の中で一人でも正しい数値を導き出すことができれば、報酬が得られます。しかしその報酬はマイニングプールのアドレスに送付され、一時的に預けられます。

一旦預けられた報酬は、参加者の貢献度に応じて分配されます。利益配分の計算方法は2種類あり、マイニングプールごとにどちらかを採用して利益を配分しています。

マイニングプールの特徴とまとめ

 参加者それぞれのマシンを提供し、協力してマイニングを行うグループがマイニングプールです。個人でマイニングを行うよりも、マイニングプールを介して行う方が収益を安定させることができます。

マイニングプールでは個人のマイニングよりも、報酬を得られる確率が高くなります。しかしグループの参加者で分配するため、報酬金額は小さくなります。報酬を一人で独占することはできないですが、安定した収入が見込めるようになります。

マイニングプールの今後

現在マイニングが盛んな国は、中国です。中国では高性能のマイニング専用マシンを数十~数百台規模で設置し、大きなスケールでマイニングを行っています。中国ではマシンを稼働させるためにかかる、電気代が安いこともその要因です。しかし中国ではマイニングに対する規制が強まっているため、北欧やその他の国へもマイニング事業が進出しています。

 そういった背景があるため、マイニングの競争で勝つのは一人の力ではほとんど不可能となっています。今後はグループで協力して行う、マイニングプールやクラウドマイニングが主流となっていくでしょう。

おすすめの記事