大企業がマイニング事業へ進出し、マイニングへの関心が高まりました。しかし自宅でマイニングを行い、利益が出ずにマイニングは稼げないとの噂が巷には流れています。その一方でGMOインターネットは赤字を出して一度マイニング事業から撤退したものの、今後も事業を継続すると発表しています。つまり今後、マイニングは儲かるということなのでしょうか?この記事ではマイニングの仕組みと、マイニングは儲かるのか?の疑問について解説しています。

マイニングの意味とは?

 マイニングは儲かるのかについて理解するために、そもそもマイニングとはなんなのか、どういった仕組みで利益が出るのかについて見ていきましょう。

マイニングとは?

 暗号通貨のマイニングと聞くと、地面などから暗号通貨のコインを掘っているのだろうかというイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。しかし暗号通貨マイニングは、物理的なものではありません。デジタルなネットワークの中で、マイニングは行われます。マイニングを一言で述べると、取引が正しく行われたかを承認し、その報酬として暗号通貨を受け取ることです。

公平公正なシステム

 暗号通貨の世界では、銀行などのお金を管理する組織が存在しません。そのため通貨を送金するなど取引が行われるとき、第三者がそれを正しく行われるように手助けすることでシステムが成り立っています。しかし単にボランティア活動では、誰もやりません。そこで正しい取引に協力した第三者には、その対価として暗号通貨が支払われます。

マイニングについては、こちらの記事でより詳しく解説しています。

マイニングを行うためには?

 マイニングを行うためには、複雑な計算処理ができるGPUを搭載したPCや専用のマシンが必要となります。以前はPCでもマイニングが可能でしたが、マイニングに参入する個人や企業が増加し、競争が激化しました。そのため2019年現在は、マイニングをするためにはマイニングの計算に特化したマシンでなければ利益を上げることが難しい状態となっています。

マイニングはかつて儲かる事業だった

 ビットコインの取引が始まった当初、マイニングはCPUを搭載した自宅のパソコンを使用して行うことができました。当時はまだマイニングを行う人も少なかったために、取引の承認作業を行って通貨を得ることが可能でした。初期費用もそれほどかからず、マイニングの競争率もまだまだ低かった時代。マイニングは、儲かる事業だったのです。さらにビットコイン自体も価格が上昇し、マイニングをするほどに儲かっていたのです。

自動的に稼げる

 マイニングは専用のソフトウエアにつないで設定を行うことで、あとはマシンやPCが自動的にマイニングを行ってくれます。そのために、仕事で忙しい人の場合でも取り組むことができます。電源さえ入れておけば、あとは勝手に暗号通貨が手に入る。マイニングは稼げると考えた多くの人が、マイニングを行いました。

競争の激化で採算が合わない事態に

 確かに、マイニングは稼げる事業でした。しかし、それに目をつけた多くの人や企業が参入したために競争が激化。その結果としてマイニングの難易度が上がり、マイニングに成功する確率も低下しました。さらにマイニングはランニングコストとして、マシンを稼働させるための電気代がかかります。暗号通貨を得られる頻度が低下し、さらにビットコインの価格が下落。電気代がマイニングの利益よりも上回る事態になりました。

以上の流れから、マイニングは儲かるものから儲からないものへと変化してしまったのです。

現在もマイニングは行われている

 2019年現在も変わらず、世界中で暗号通貨は取引され、マイニングも行われています。以前ほどマイニングは儲からなくなりましたが、未だにマイニングは続けられているのです。つまり少なからず、マイニングで儲かっている人が存在しているということです。

マイニングで儲けるための工夫

以前のやり方ではマイニングで利益を上げられないため、マイニングの手法も変化しています。

  • プールマイニングやクラウドマイニング
    以前は個人のソロマイニングが行われていましたが、現在はグループで協力してマイニングを行うプールマイニングが主流になっています。またマイニング事業を行う企業にお金を投資する、クラウドマイニングも人気です。
  • マイニングファームの建設
    マインングはグループで行うことが主流になっているため、マイニングファームの建設が増加しています。マシンを収容するための専用倉庫を建設し、数千、数万台のマシンを稼働させて大規模にマイニングが行われています。
  • 電気代の安い国へ
    マイニングで儲けるためには、ランニングコストとなる電気代を抑えることが重要となります。そのためマイニングの拠点は、電気代が安い国へと拠点が移動しています。

プールマイニングやクラウドマイニング、マイニングファームについては以下の記事で詳しく解説しています。

まとめ

 以上、マイニングの概要と仕組み、マイニングは儲かるのかの疑問に対して解説しました。マイニングは2019年現在は、以前ほど儲かりづらい環境になっています。しかしその失敗を生かして、マイニングのやり方を変えることで今後まだまだ利益が望める事業だと言えます。

おすすめの記事