AI(人工知能)は、既に様々な分野で活躍しています。今後も私たちの生活に幅広く浸透することは間違いないでしょう。一方、仮想通貨(暗号通貨)は、終焉を迎えたという意見もありますが、再燃し始めた・まだまだこれからだという意見も数多く存在します。
 今回は、仮想通貨のマイニングに焦点を絞り、マイニングの基礎知識を交えながらAI(人工知能)との融合や今後の可能性を探ります。なお、仮想通貨には、暗号通貨・暗号資産と様々な呼び方がありますが、こちらでは仮想通貨で統一します。

マイニングって?基礎知識

まず、マイニングについて簡単におさらいしましょう。仮想通貨におけるマイニングとは「取引記録の検証と承認作業」のことです。

ドルや円をはじめとした法定通貨は、国や銀行が通貨を発行・流通量を調整しています。しかし仮想通貨は、取引に参加している人だけで通貨を管理しています。

マイニングの大まかな仕組み

仮想通貨の取引の記録は、ブロックチェーンと呼ばれる共有の台帳上で検証が行われます。マイニングに参加した人全員ではなく、一番最初に検証作業に成功した人がマイニング報酬を受け取ることができます。

マイニングの基礎知識に関して、こちらの記事で詳しく解説しています。

3種類のマイニング方法とメリット・デメリット

 仮想通貨のマイニングの方法には、ソロマイニング、クラウドマイニング、プールマイニングの3種類があります。メリットとデメリットも含めて、順番に見ていきましょう。

【ソロマイニング】

まず、ソロマイニングです。
文字通り、マイニングする機材や準備をすべて「自分ひとり」で行う方法です。

ソロマイニングのメリットは、マイニングする仮想通貨や運用方法などを、すべて自分で決められることです。もちろん、自分でしっかり機材や使用電力などの計画を立てる必要がありますが、自由度が高いです。また、利益が出ればすべて自分の取り分にできるため、成功すると大きな収入を得ることができます。
さらに、仲介者も介さないため、手数料を払う必要もありません。

ソロマイニングは一獲千金を狙える一方で、専門的な知識や入念な計画が必要です。デメリットは、利益をあげにくい傾向にあることです。

【クラウドマイニング】

2つ目のマイニング方法は、クラウドマイニングです。

マイニングを専門としている企業や団体に対して「出資」することで、代わりにマイニングを行ってもらう方法です。利益は、自分の出資額に応じて、出資先企業が得た利益から比例配分されます。イメージとしては、株を購入すると利益に応じて配当が分配されることに似ています。

 クラウドマイニングのメリットは、マイニングの専門知識や技術がない初心者でも、手軽に参画できることです。もちろん、初心者だけではなく、マイニングは他者に任せて自分は他の事業に注力したいと考えている方にも有効と言えます。
 また、契約料を支払うだけで参画できるので、コンピュータ機材や電力を自分で準備する必要がありません。

クラウドマイニングは手軽な一方で、デメリットもあります。

 まずは、企業のセキュリティや信頼性が必ずしも万全とは言えず、システムのハッキングや情報流出の可能性があることです。また、企業が利益を得られず、サービスの停止や撤退を余儀なくされ、見込んでいた利益が一部還元されない可能性もあります。

さらに、クラウドマイニングは残念ながら詐欺が横行した時期もあり、現在も企業によっては資金の持ち逃げや倒産の可能性もあります。つまり、マイニングを行わなくてよいメリットの反面、出資先企業に全面的に任せることになるため、出資先企業の情報収集や信頼度の見極めは非常に重要です。

【プールマイニング】

 最後は、プールマイニングです。「グループで協力」してマイニングを行う方法です。

専用のサーバーに登録し、マイナー(採掘者)の一人としてコンピュータを認識してもらいます。このサーバーのことを、マイニングプールと呼びます。プールマイニングの報酬は、計算力、つまり貢献度に応じて支払われます。

プールマイニングのメリットは、検証に必要な労力を複数人で分担できるため、報酬が安定する可能性が高いことです。

一方で、プールマイニングのデメリットは、功績を挙げたのは自分であっても、参画者が多いプールマイニングだと分配される報酬が少ないことです。また、報酬分配時に企業が手数料を取る場合が多く、他のマイニング方法と比べて報酬が少ない傾向にあります。
 さらに、クラウドマイニングとは異なり、マイニングに必要な機材の購入・組立・設定が必要です。

マイニング報酬が下落する可能性も

以上、3種類のマイニング方法について見てきました。ここからは、どのマイニング手法にも当てはまるデメリットについて解説します。

  • 利益の減少

 仮想通貨の価値が下落した場合、報酬を得られたとしても利益が見込みにくくなる可能性があります。

 また、マイニングの参画者が増えればマイニングの難易度は上昇するため、マイニング報酬が減る可能性も考えられます。

  • マイニングが不可能になる

 マイニングしていた仮想通貨の仕様(ルール)が変わり、新しい仮想通貨になってしまうと、マイニングが行えなくなる可能性も抱えています。

余談ですが、マイニングする仮想通貨で、イーサリアム(ETH)を選択・契約する際には注意が必要です。理由として、イーサリアム(ETH)の計算方法は、現在はマイニングを採用していますが、ゆくゆくは、マイニングを行わない別の方法に移行することが決まっているためです。

移行時期は未定ですが、イーサリアム(ETH)はマイニング出来なくなる可能性を念頭に置くことをおすすめします。

以上のように、マイニングを行う際は、メリットとデメリットを充分考慮することが必要です。

マイニングとAI (人工知能)、今後の展望

今まで見てきたように、マイニングにおけるデメリットは少なからず存在します。

しかし、デメリットを最小限にするため、マイニング業界でもAI(人工知能)を取り入れる動きが高まっています。マイニング業界が現在、AI(人工知能)をどのように取り入れているのか、イメージが膨らむように、一例を紹介します。

【仮想通貨のマイニングに、AI(人工知能)を取り入れている例】

  • 選択した仮想通貨の価格が上がった際に、AI(人工知能)が売却する
  • マイニングした仮想通貨を、ビットコイン(BTC)建てで運用する。万が一特定の仮想通貨の相場が下落しても、AI(人工知能)がビットコイン(BTC)による買い支えを行い、価値を保持する
  • AI(人工知能)が手数料などを考慮しながら、最良のマイニング対象の仮想通貨を選択・実行する
  • AI(人工知能)がマイニング可能な全通貨に対して、AI(人工知能)が価格変動予測・値上がり予測・計算速度の変動予測を行い、投資効率の良い仮想通貨を選択する
  • マイニングで上がった収益を、AI(人工知能)の取引で増やす
  • 過去の取引傾向から、収益性が高い仮想通貨をAI(人工知能)が予測する
  • AI(人工知能)が、マイニングにかかる電力消費コストを最適化し、環境に優しいマイニングを行う
  • 過去のハッキングデータをもとに、AI(人工知能)で仮想のハッカーを生成・検証を繰り返す。そのデータをもとに、人間には捉えられないハッカーの手口のパターンを認識して、セキュリティを強化する

いかがでしたでしょうか。マイニング企業は既にAI(人工知能)を導入し始めており、今後もその傾向は増すと予想されます。つまり、マイニングとAI(人工知能)の相乗効果も期待出来るのではないでしょうか。

まとめ

 AI(人工知能)の技術は、今後も指数関数的(爆発的な加速力)で進化すると言われています。

2045年には、AI(人工知能)が人類の知能を超える「シンギュラリティ(Singularity・技術的特異点)」に到達すると予想されているほどです。この、シンギュラリティが起きる前にビジネスなどのチャンスが広がっていると言われています。 

同様に仮想通貨も、世界各国で使用されることが増え、法定通貨以外の通貨として浸透しつつあります。現に、2019年8月現在ハイパーインフレが起きている南米の国ベネズエラでは、仮想通貨であるビットコイン(BTC)が、価値を保存する避難通貨の役割を果たしています。

今日をきっかけに、無限の可能性を秘める仮想通貨のマイニングやAI(人工知能)について、さらに理解を深めてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事