ブロックチェーンは、仮想通貨の取引やサービスが成立するうえで必要不可欠な技術です。またブロックチェーンに付随する言葉として、トークンがあります。仮想通貨やマイニングでは、ブロックチェーンやトークンといった用語が登場しますがどういう意味なのでしょう?この記事を読むことで、ブロックチェーンの意味や仕組み、仮想通貨トークンとの関連性について理解できます。

そもそもブロックチェーンとは?

 ブロックチェーンとは、仮想通貨が生まれてからこれまでの取引のデータが記録されたものです。例えば太郎君と花子さんの間で仮想通貨の取引が行われる際に、その証拠として一定期間の取引データが記録されます。この一定期間の取引されたデータのことを、ブロックと呼びます。ブロックは、台帳のようなものです。そしてこれらのブロック(台帳)が繋がっている状態を、ブロックチェーンと呼びます。

ビットコインのブロックチェーン

 このブロック(台帳)には、仮想通貨が誕生してから現在までの取引のデータが全て記録されています。例えばビットコインであれば、ビットコインが初めて取引された2009年から今現在も取引データの記録が常に行われています。ブロックチェーンは、仮想通貨の種類ごとに存在します。イーサリアムやリップル、アルトコインなどなどそれぞれに取引データが記録されています。

ブロックチェーンは誰でもアクセスできる

 ブロックチェーンは仮想通貨のユーザーであれば、誰でも使うことができます。簡単なアカウントを発行して、インターネットに接続することで世界中のどこからでもアクセスすることができます。なぜそういったことが可能なのかというと、仮想通貨は通常のお金のように銀行や国といった管理する機関が存在しないからです。管理機関が存在しないために、その仮想通貨を使用しているユーザー同士でブロックを管理しています。ユーザー同士でブロックを相互監視することで、管理機関が存在しなくても公平・公正に取引が行われているのです。

 例えばビットコインの取引であれば、太郎君と花子さんの間で取引が行われ、その取引を第三者である二郎君が記録を行います。二郎君は二人の取引を行う協力をした報酬として、ビットコインを受け取ることができます。二郎君の役割は、マイニング(採掘)と呼ばれます。マイニングについては、こちらの記事でさらに詳しく解説しています。

ブロックチェーンは安全?改ざんされるリスクはないの?

 仮想通貨の取引はブロックチェーンの技術で成り立っていますが、不特定多数の人がアクセスできるのであればデータの改ざんが懸念されますね。しかしブロックチェーンでは、取引データが複雑な計算処理によって暗号化されているためその心配はありません。複雑な計算処理とは、具体的には「ハッシュ関数」が使われています。

ハッシュ関数とは?

 ハッシュ関数は元となる入力データから、規則性のない値(ハッシュ値)を導き出す関数です。入力データから常に同じハッシュ値が生成されますが、情報量の単位である1ビットでも違うと全く異なる値になってしまいます。一方向関数のため、出力されたデータから入力されたデータを推定するのが非常に困難であるという特徴があります。

仮想通貨のトークンとは?

 ブロックチェーンを基盤にして発行され、、取引が可能なデジタル資産を表します。ちなみにトークンは、英語で「しるし」「象徴」を意味します。
 私たちが使う上では仮想通貨とトークンはデジタルなお金として似たようなものですが、それを区別する上でブロックチェーンが役に立ちます。

ブロックチェーンを借りているか?

 ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、それぞれ独自のブロックチェーンをを使用しています。しかしトークンは、それらの元々あるブロックチェーンを土台として発行されたデジタル通貨です。
 例えばTron、EOS、そしてVeChain Thorのようなプロジェクトは、イーサリアムを基盤としたトークンとして始まりました。イーサリアムのブロックチェーンは、これらの仮想通貨トークンの開発をサポートしています。

おすすめの記事